送り出される声について

《劇場版 響け!ユーフォニアム》はおよそテレビシリーズ版の再編集ですが、声をぜんぶ録り直したり新しいカットもあるということなのでむむむと集中して観てきました。帰宅してからお風呂に入ったりしてぼーっとしてるうちに黄前さんの声や作品中の音につい…

天球儀植物園へ

【まえがき】 サクラノ詩、という作品についてはあまり言葉にならないです。答えは自分の暮らしの中に織り込んでゆこうと思いました。 ただ、それでも、暮らしというよりは私自身の天体嗜好症に引き寄せて、かつて空想していたことと響き合ったり、新たに発…

おへんろ。~八十八歩記~冬・僕もすこしだけ歩いた

「おへんろ。~八十八歩記~夏・私たちも歩いた」上映会+トークイベント 2015年2月8日(日)17:00~ シネマート新宿 四国のお遍路さんイベントに東京で参加することができた、と言えるだろうか。遠い巡礼の旅を近所で済ませる横着は昔からあって、東京なら…

愛、アガペー、あるいは愛理について。

仙台市八木山動物公園より海を望む 9月14日、Wake Up, Girls! の永野愛理(えいのあいり)さんのイベントに参加するため仙台へ向かった。はやぶさ1号に乗って一路東北を目指すなか、車窓から見えた山の名前を確かめようと Google Map を開いたら田村という地…

終わらないパーティー(第二夜)

1.町について 御茶ノ水駅の近くに建つ病院の屋上へ昇ってみよう。そこには西木野真姫という名前の小さな女の子がいる。屋上のはしっこに立って遠くを見ている。東西へ流れる神田川、そこが昔、舟の往来でにぎわったということは社会科で習っていた。しかし…

Little World

1.どうしよう。御茶ノ水で降りたときに東京都美術館ターナー展のポスターが目に入ったから、しまった、そういうのもあるのか、と思って、もう15時前だから今日どちらへ行こうか迷ったのだけど、より輝きがあるように思えた少女画展のほうへ向かった。大き…

あの娘はかわいいもち屋の佐保姫

1. 五月の連休中、法事にあわせて奈良へ帰ってきた。祖母がこのごろ東京にいる僕のことを、いったいどうしているものかふと考える時間が多いのだと聞いていた。孫は僕のほかにもいてしばらくはそちらへかかりきりだったから、さて、また僕のことが気がかり…

秋葉原のラブライブ・イヴ

1. 故郷のスーパーマーケットが本日で閉店になった。ちいさい頃よく連れられていった場所で、改装のときすでに名前も建物も変わってしまったのではあるが、あの場所からスーパーがなくなってしまうことは僕の記憶する街の、かつて在ったその層がまた深くな…

花咲く佐保姫のための嬉遊曲

佐保姫というのは春の女神の名前であるが,奈良の高校野球界ともやや奇縁を結ぶ.1991年春のセンバツ大会に出場した奈良高校のおとなりに佐保姫ゆかりの狭岡神社がある.あたりを佐保山と呼ぶ. 2005年のこと,狭岡神社,佐保姫の鏡池など旧跡を巡ったすぐ後…

アストロ滑走団でわかる恋愛の才能

疏水太郎 初出:『恋愛ゲームシナリオライタ論集 30人×30説+』 (theoria,2010年8月15日発行) http://d.hatena.ne.jp/then-d/20120618/1340112564 夏葉薫論より 1. 序論 自然性を欠いた恋愛の描写は夏葉薫の持ち味として自負されている。本稿ではこの意識…